どこでもシート
『どこでもシート』は、その名のとおりどこでも貼れるから、口コミでの評判がすごく良いです。

会議や自宅の壁、子供のお絵描き用などなど、いろんな場面で活躍してくれます。

この記事では『どこでもシート ホワイトボード セーラー万年筆』の価格情報や口コミなどをご紹介しますね。

『どこでもシート』の価格情報!最安値は楽天?Amazon?

「どこが最安値なのかな?」と思って、
いろんな通販サイトで価格を調べてみました。

その結果、最安値はAmazonでした。

Amazonセーラー万年筆 ホワイトボード どこでもシート W600mm×20m巻 31-3500-000

安いだけでなく、送料無料なのも嬉しいです。

ちなみに楽天の場合だと
楽天市場セーラー どこでもシート 31-3500-000
という状況になっています。

『どこでもシート』の口コミ!!

◆口コミその1
「多少の凹凸があっても問題なく貼りついてくれます。

マーカーで書いたまま放置しても、数日経ったくらいではしっかり消せます。

でも日にちが経ちすぎると、消えるけどうっすらと跡が残る、という状況になります」

◆口コミその2
「使い心地としては、”貼れるホワイトボード”というよりは”書ける壁”って感じです。

壁によって書き心地は異なるので、本物のホワイトボードみたいなツルツルを希望される場合は、ツルツルの壁が必要です。

静電気のおかげで、凹凸のある壁でもピタッと張り付いてくれます。

消す時は、ある程度は念入りに消さないと跡が残りがちです。
キッチン用のアルコール除菌スプレーを布に沁み込ませて使えば簡単に綺麗になります。

汚れが気になりはじめたら張り替えればいいだけですし、良い商品だと思います」

◆口コミその3
「モバイルプロジェクターのスクリーンの代用品として使っています。

しっかり張り付きますが、弱く感じる場合は四隅にちょっとだけセロテープを貼ればOKです。

窓ガラスにも貼れますが、プロジェクターで投射すると裏(外側)から丸見えなので注意です」

◆口コミその4
「マンションの壁紙に貼って使っています。

同じ場所に長期間貼り続ける用途には不向きかも。
時間が経つにつれ、端が少しづつ剥がれて来ます。

貼り直して擦れば、またしっかり張り付きます。

貼り直しが面倒なら、四隅を粘着力が弱いテープで固定すれば問題ないです。

書いたままで時間が経つと、普通のホワイトボードイレーザーでは消えなくなります。
その場合は、アルコールウェットティッシュで擦れば簡単に消せます。

ホワイトボードのない部屋でのミーティングなど、使い捨て感覚で使うのにすごく良い商品だと思います」

◆口コミその5
「どこにでも貼れて部屋中をホワイトボードに出来るので、ディスカッションの際などに便利です。

壁によては、消えにくい場合があります。
その際は、水をスプレーしたら簡単に落ちました」

その他の口コミは、こちらで見れます。
楽天みんなのレビュー[セーラー万年筆]セーラーどこでもシート♪携帯できるホワイトボード(楽天市場)

プロジェクターのスクリーンとして使える?

どこでもシートは、プロジェクターのスクリーンの代用にもなります。

ただし、透明なガラスに貼って使うと、裏側から見えてしまいます。
情報漏洩につながる可能性もあるので、その点は注意した方が安心だと思います。

「透明」「方眼」もあります

ノーマルタイプの他、「透明」「方眼」も販売されています。

使い勝手は同じなので、用途に合わせて使い分けられると良い思います。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazonどこでのシート

楽天市場どこでもシート

静電気で貼りつきます

どこでもシートは、静電気によって壁に貼り付きます。

ツルツルな壁やガラスはもちろん、凹凸のある壁にも貼りつきます。

書いても壁に影響が出る事はな(インクが貫通して沁みない)です。

素材は厚み0.05㎜のポリプロピレンで、燃えるゴミとして扱えます。

まとめ

『どこでもシート』はどこにでも貼れて便利だという事で、口コミでの評判がすごく良いです。

  • ホワイトボードのない部屋での打ち合わせ
  • 会議の際、ホワイトボード以外の壁もホワイトボード化する
  • 子どものお絵描き

などなど、いろんな場面で活躍してくれます。

また、ノーマルタイプ・透明タイプ・方眼紙タイプがあるので、用途によって使い分けられるのも便利です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazonセーラー万年筆 ホワイトボード どこでもシート W600mm×20m巻 31-3500-000

楽天市場セーラー どこでもシート 31-3500-000